キャッシュ機能と一体のクレジットカードについて

バナー

キャッシュ機能と一体のクレジットカードについて

最近銀行が発行するキャッシュカードは、IC機能が搭載されたものが主流になりつつあり、それ対応のATMも増えています。
IC機能を搭載したものは指紋認証ができたり、取引金額を多く設定できる特徴があります。


ただし、磁気ストライプ部分もカードには残っているため、ICチップへのアクセスができない旧ATMでは、こちらの情報からお金の出し入れなどができるシステムになっています。

最近よく利用されるキャッシュカード機能とクレジットカード機能が一体となったカードでは、ICチップが1つしか搭載されていません。そのうえ、キャッシュカードとして使う場合とクレジットカードとして使う場合の機械への挿入方向も違います。

そのため、カードに搭載されているICの情報は、クレジットカード決済時のみに使われる仕様になっているものがほとんどです。


しかし、キャッシュカード機能として使う場合とクレジットカード機能として使う場合の暗証番号は違うものが利用できます。

そのため、このような仕様でもセキュリティ面は高く安全です。


セキュリティ面では問題がないカードですが、この2つの機能が共用できるものは弱点も少しあります。



それが、紛失時です。



1枚のカードを紛失しただけで、お金の出し入れとクレジットカード機能双方が利用できなくなります。



そのうえ、再発行にはキャッシュカード機能単体のものより時間がかかる場合が多く、取り扱いには注意をする必要があります。