クレジットカードの利用時に入力する暗証番号

バナー

クレジットカードの利用時に入力する暗証番号

クレジットカードの利用時はサインで済ませられる事が多いのですが、中には暗証番号を入力しなければならないケースもあります。
暗証番号というのは、クレジットカードを作った際に決めた4桁の数字です。
お店のスタッフから端末が受け渡されるので、できるだけ人目につかないようにボタンを押していきましょう。

気をつけておいた方が良いのは、最後の行程で完了ボタンを押さなければならないという事です。


しかし、突然暗証番号を求められてしまうと、ど忘れしてしまい思い出せない事があるのですが、そのような時はサインで済ませたい旨を伝えると対応して頂けます。



このように、クレジットカードを利用する際は現金とは異なり一手間増える事になるのですが、実はクレジットカードを提示するだけで他の手順が不要な場合もあります。つまり、名前を記入する必要さえ無いというわけですが、それはスーパーマーケットなど少額の買い物で済む店舗が多いです。
カードを一枚差し出すだけで適切な処理をして頂け、一括払いなどの支払い方法についても尋ねられる事はありません。



何も尋ねられない時は一括払いが基本ということになります。
ただし、高額商品を買い求めた時のように専用のレシートが出るわけではないので、通常のレシートをしっかりと受け取ることが大切です。
そして、近年ではインターネットでのお買い物は専らクレジットカードだという方も大勢居ます。

そのような時は荷物と共に送られてくる明細書を保管しておきましょう。