クレジットカードにまつわるトラブルを知っておこう

バナー

クレジットカードにまつわるトラブルを知っておこう

クレジットカードはとても便利な道具ですが、一方で利用に際してはトラブルが発生する可能性も否定できないものです。

トラブルの発生を防ぐためには、まずはカードの保管に注意すること、またカードに記載されている情報をむやみに明らかにしないことが求められます。

またカード会社からの請求書にはきちんと目を通し、不明な点などがあればすぐにカード会社に問い合わせるのも重要ことです。

そしてクレジットカードにまつわるトラブルの事例を知っておくと言うのも、予防のためには必要なことです。



これはクレジットカードにまつわるトラブルの中には、予期せぬような、思いもしていないような内容のものもあるためです。しかし事例を知っていれば、もしかしたらこれはトラブルにつながるかもしれない、と疑いの目を持つことができます。

ではどのような事例があるかと言うと、ひとつは実在するカード会社や、もっともらしい名称を語ってカード情報を聞き出そうとするトラブルです。
実在するカード会社がクレジットカード所有者に連絡をすると言うのは、あり得ることです。

ですがその中でカード情報、暗号番号やセキュリティコードなどを聞き出すことはありませんから気を付けてください。



電話をかける前に書面を送りつけてくると言う手段もあるようですから、もしそのような書面を受け取った場合には、まずはカード会社に問い合わせるのが賢明です。

そこに記載されている電話番号やメールアドレスに連絡をとると、そこからも個人情報が漏洩する場合もあるので注意が必要です。



また請求された料金の支払いが遅れている人に対して、カード会社からその債権を買い取ったので、その分の料金を支払うように命じる書面などが送られてくる事例もあります。カード会社が第三者の業者に対して債権回収を依頼すると言うことは、まずないことなので、このようなことにも注意が必要です。