クレジットカードには有効期限がある

バナー

クレジットカードには有効期限がある

クレジットカードは手に入れたらそれ一枚を一生利用する事が出来るという訳ではなく、カードには有効期限が定められているので有効期限を過ぎてしまった場合はそのカードを利用する事は出来ないです。それではクレジットカードの有効期限はどの程度であるのかというのはクレジットカードに記載されているはずなのでそれを確認すれば分かります。


表記の仕方はカードでも若干の違いはありますが、月、年の順に記載されていて、その月の末までが有効期限です。


また、期間の長さについてはカード会社によっても異なりますが、一般的には5年間である場合が多いと言われています。



次に有効期限が近付いてきた場合にどうすれば良いのかを説明します。

有効期限が近付いてきた場合に何か更新手続きが必要なのかというと、通常は特に何か手続きを行う必要はなくカード会社から新しいカードが送られてくるはずです。



そのためにカードが届いたら古いカードを処分して新しいカードに切り替えるだけで良いです。ただ、中にはカードが届かないという人もいて、そういう場合は過去に延滞などの金融事故を起こしている、年会費無料で全くカードを使っている様子がないので費用の関係で更新手続きが行われない、などと言った事が考えられます。


金融事故を起こしている場合は自業自得ですが、カードを利用していないことも原因となる可能性がありますが、公共料金の支払いに使えば常に使い続ける事になりますし、そうで無くても持ち続けるつもりであれば年に一、二回程度は使うようにした方が良いです。